老けて見えてしまう目元のたるみの原因を知って解消しよう

目元のたるみの原因とは

鏡を見る女の人

目元のたるみはいつできるのか

歳を重ねると目立ってくる目元のたるみですが、このたるみは、実は20代からできてしまっているのです。でき始めは目立たないので気にならないのですが、そのまま放っておくとだんだんと目立ってきてしまいます。
20代はまだお肌の老化も見られずたるみとは無縁な気もしますが、このときにしっかりとケアをしていないと加齢とともにだんだんと目元のたるみが悪化してしまいます。しかし、10代から目元のたるみができてしまう方もいます。その原因は、メイクによる刺激やそのメイクを落とす際の刺激で肌が弱ってしまうというものです。また、パソコンやスマホの画面を見ることで目に大きな負担がかかってしまい、たるんでしまうのです。

加齢で肌がたるんでくる

若いうちから目元のたるみに悩んでいる方も少なくないですが、やはり一番の原因は加齢です。30代前半頃から目元のたるみが気になり出し、40代、50代、60代と、だんだん目元のたるみが大きくなってしまうのです。加齢とともにお肌のコラーゲンが失われてしまい、肌の弾力が少なくなって顔全体がたるんでしまいます。しかし、一番最初に目立つのが目元のたるみです。目元は印象が強い部分なので、そのたるみがあると老けて見えてしまいます。また、目元がたるんでしまうことで元気が無いようにも見えてしまうので、より老けた印象が強くなってしまいます。

目元のたるみを無くすには

目元のたるみは、自力で無くすことは難しいですが、悪化を防ぐことは可能です。若いうちから筋肉を鍛えたり、お肌に刺激を与えすぎないようにしたりすることが特に大切です。マッサージをして老廃物を流して目元の皮下脂肪が増えてしまうのを軽減することもできます。また、美容整形外科に相談するという方法もあります。目元のたるみが気になりだしたら、専門知識のある医師に相談するのが得策といえるのではないでしょうか。早めに相談することで、どんどん老け顔になってしまうことを防ぐことができます。
専門医師に相談することで、お肌のケア方法を教えてもらったり、目元のたるみにおすすめの治療法を教えてもらったりすることができます。お肌に大きな傷をつけずに目元のたるみを綺麗に無くす治療法もあるので、目元のたるみが気になる方は一度美容整形外科で相談してみてはいかがでしょうか。